>自動翻訳機能について

つい涙がこぼれてしまう唄

 

友人3人と居酒屋で飲んでいると、ふとしたことから、泣けてしまう唄について話が及んだのです。

友人の後輩で、いつも金魚のフンのようについてくる20代の若者。

酒を飲むと遠慮が無くなり、私達に旧知の仲のような口ぶり。

「ほら、2時少し前NHKで”みんなのうた”ってあるじゃないですか」(テレビの話か!)

「あのテーマソング”らららら-らら.らららら-らら”ってやつ」(お前オンチか!わかんねよ~、聞いたような、はて?)

「俺、2年ぐらい職が無かったんですよ」(知らねえよ、お前の過去なんて)

「する事が無かったから、毎日ボーとテレビ見てたんすけど。このままだと将来どうなるんだろうと、そうとう落ち込んでたんですよ」(悩む顔じゃないけどなあ)

「そんな時、あのテーマソング聞くと何故か悲しくなって、涙がでてくるんすよ」

「テレビなんか見ている時じゃない、何とかしなくっちゃ」

「あせって、あせって、ほんとうに辛い毎日で~」

「やっと今の会社に就職できて、酒も飲めるようになって、うれしっすよ」

一方的に話して、今度は私たちの涙がこぼれる唄を聞かせろ、としつこく迫ります。

若者の就職難が問題になってますが、苦労した分だけ美味しい酒が飲めるんだと、最後は乾杯で〆ました。

職にありつける、幸せを感じながら、今夜飲む酒は。

青森県三浦酒造「豊盃(ほうはい)」純米吟醸・亀の尾 720ml 1900円

え!私の涙がこぼれてしまう唄?それは次回にでも。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)