>自動翻訳機能について

石川県菊姫(合)「菊姫」山廃仕込無ろ過呑切生原酒

 

「ゲゲゲの女房」が水木プロを設立して、悪魔くんのテレビ放映。

そしてゲゲゲの鬼太郎のアニメ放映決定、と苦しいトンネルの時代をやっと抜け出し、人ごとながら嬉しい時代に入って来ました。

ドラマの中で雑誌「ゼダ」のエピソードが出てきますが、ご存じ月刊誌「ガロ」の事です。

我が青春時代を思い出して、本当に懐かしくなりました。

表紙は白土三平氏のカムイ。

巻頭はもちろん白土三平、次に水木しげる、そして、つげ義春、滝田ゆうと続く名著でした。

他の大手出版社と紙質の違いが歴然としてまして、手触りは悪かったのです。

しかし、それが白土・水木・つげ・滝田各氏の世界観とマッチして不思議な空気感がありました。

そして本日驚きの発見。

ドラマの中でアシスタントの2人は、つげ義春と池上遼一だったそうです。

これには感動です、水木しげるとつげ義春が師弟関係だったとは!

さらに「ガロ」の中で同時掲載していたとは。

当時は東急ハンズもなく、スクリーントーンなんかありませんから、背景は全て手書きでした。

手を抜かず、ひたすら良い作品づくりに邁進していく姿は、涙が出てくるほど感動です。

嬉しくなったので、石川県菊姫(合)「山廃仕込無ろ過呑切生原酒」720ml 1800円を購入してきました。

無ろ過原酒と言っても、優しく力強い飲み口です。

ひたすら良いお酒造りが伝わってきます。

吟醸香 ★★★★☆
旨   味 ★★★★★
値  段 ★★★★☆

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)