>自動翻訳機能について

宮城県新澤醸造店「あたごのまつ」純米吟醸うすにごり生

 

一升瓶の栓を抜いて、まず最初に香りを嗅ぐのです。「フワ~」と吟醸香が舞いはじめます。

ガラスのお銚子に注ぎ込み、そしてグラスのお猪口に流れる姿は、格別。その時、喉から「ゴクリ」と生唾を飲み込む音。

そして、一言「うまいな~」それが、「あたごのまつ」の第一声。

200石の極小蔵が、こんなに素敵な酒を造るのだから、感激します。

東京農大を卒業した新澤巖夫さんをはじめ、蔵人は若手が顔をそろえます。若い力で頑張っている新星蔵元には激励の声を送りたいものです。

この地方では、伯楽(馬の目利き)が大切に育てた名馬は時がくると天に昇ったという伝説があり、新澤醸造店の代表銘柄であります”伯楽星”は、そこから命名されました。

そして「伯楽星」に負けず劣らずの一本が「あたごのまつ」新酒しぼりたてです。
契約栽培米、宮城県産酒造好適米『蔵の華』を55%まで磨き上げたうすにごり本生。味わいは、きれいで爽やかなキレを演出します。

本生の原酒ながら、綺麗な酸味でパッと後味が消えていきます。そしてわずかな炭酸味、これが堪らないのです。

吟醸香   ★★★★★
旨 味    ★★★★★
値 段 ★★★★★

値段は一升瓶で2,940円。安くて、うまくて当然5つ★日本酒の種類


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)