>自動翻訳機能について

岡山県嘉美心酒造(かみこころしゅぞう)「冬の月」無濾過生酒

 

旨い酒を飲んでいるとたまらないですな~。

その酒は、嘉美心酒造(かみこころしゅぞう)の「冬の月」であります。

封を切って、瓶の口から香りを嗅いだだけで分かります。「お~、これはいい酒だぞ」間違いなく、いい酒でした。

何たって銘柄がいいじゃないですか「冬の月」。銀光に輝いた月からしたたり落ちた絹のようなお酒が「冬の月」だそうです。なんともロマンチックじゃないですか。

とりたての新米をふんだんに使い、嘉美心独自の仕込み方によって米の本来持っている「旨味」を最大限に引き出したのです。

「純米吟醸無濾過生原酒」もろみに極力「圧力」を加えない搾り方の採用により米の持つ「柔らかさ」をそのまま「旨味」として伝える事ができました。

嘉美心酒造、五代目蔵元藤井進彦氏は語ります。

『私達はお酒を作るうえではメーカーですが生きるうえでは消費者です。だから家族の口に入れたくないものは作りません・・・。』

その通りです。いい言葉です。

おっと、忘れちゃいけない。今夜の肴は「築地丸武の玉子焼き」こりゃ、粋だね。

旨い酒に、旨い肴。たまらないね…。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)