>自動翻訳機能について

山形県新藤酒造店「裏・雅山流」粋華 無濾過生詰

 

記憶にありますでしょうか。

裏・雅山流については「月の明かり」4月4日の書込でも書かせてもらいました。ただ、今回のお酒は「香華・生詰」ではなく「粋華・生詰」の紹介です。

この新藤酒造店。蔵元は、一般消費者への対応はお断りしています。もし、蔵元に行きたいと思われても、酒蔵の開放もしていませんし、一般客の見学も断わっています。
勿論、直接販売も行なっていませんから、利き酒もできません。あくまでも、酒屋さんからの購入となりますので、ご理解下さい。

さて、この「裏・雅山流」以前紹介した「香華・生詰」は、実に控え目な脇役タイプと紹介しましたが、この「粋華・生詰」は、正反対の主張タイプです。

私なんぞは、このガ~ンとくる味は大好きですね。性格でしょうか、味わいを前面に出す、裏・雅山流の裏を行く感じです。

何、裏の裏…?「表」の雅山流に戻るのかな?

兎に角、そんな味です。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)