>自動翻訳機能について

まんさくの花 (浮かれてみましょう)

 

190405

「よお!元号が決まったそうだよ」
「——-」
「早速“号外”が出て、大勢が群がって一時は大騒ぎだったそうだよ」
「?」
「巷では、この話で持ちきりだよ」
「何で?」
「何でって、お前は何とも思わないのかい」
「だから、何が?」
「元号が変わるんだぜ、一大事じゃないか」
「何が変わるんだよ」
「元号だよ!」
「いやオイラの言いたいことは、生活に何ら変わりは無いんじゃないの」
「え?そう言われれば」
「何で、寄ってたかって大騒ぎしているのかオイラは理解できないよ、手間賃が増えるって言われれば、浮かれて大騒ぎでもするけど」
「そう言われてみると、何で騒いでるのかね~」

ラベルには巡米と!出荷日によって酒米が変わります。
次回は愛山のようです。
中々、楽しみな巡り合いです。
愛山で、浮かれてみましょうか。

秋田県 日の丸醸造(株) 純米吟醸山田錦編
精米歩合55% アルコール分16度
720ml  1、680円(税別)

0

コメント一覧

  1. 百合の華 より:

    まんさくの花
    ネーミングもラベルもお洒落な日本酒が多いですよね。ジャケ買いの友人もいます。納得です。

    江戸市井の話は大好き!日本酒と似合います。

    0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)