>自動翻訳機能について

伯楽星 純米吟醸本生おりがらみ (○○女って?)

 

歴史や古跡に興味を持ち、一人ないし共通の目的を持った同性と、各地を
巡る、女性を“歴女”と呼びます。
パワースポットなる、摩訶不思議な呼び名もあり、はてさて矢追さんの
分野かとおもいきや、縁結びのスポットであったり、何やら訳のわからん
有様です。

競馬場に女性を誘い、牛に連れられではないが、男も呼び込もうとする
中央競馬会の戦略があり、昨年の“有馬記念”各新聞紙上に展開した
宣伝は異常なほどでした。
そんな戦略にはまったのが“UMAJO”

“力女”から“スージョ”相撲を愛する女性達の呼称です。
女性を巻き込むセンスの欠片もない単語、眼にする度にウンザリします。

それにしても、年若くはない女性各位が、
何故に自分を指して“女子”と言うのでしょう?
高校生以上は“女性”と呼ばなければ失礼、と私は言われてきました。

しぼりたてのフレッシュさがいっぱいの生、爽やかなキレが嬉しい食中酒。
この時期に、生が飲めるのは冷蔵管理と物流の成果ですね。
嬉しくなる爽やかさです。

宮城県 (株)新澤醸造店K  伯楽星 純米吟醸本生おりがらみ
精米歩合55% アルコール分16度
720ml  1、500円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)