>自動翻訳機能について

阿部勘 純米吟醸 ひより(書店の客)

 

書店員より在庫状態をよく知っている客。
毎日のようにやってきて、一時間ほど滞在して、何も買わずに帰る客に多い。

客の一人が店員に新刊の在庫を尋ね「その本は売り切れです」と答えると、
その常連客がすかさず、「その本ならあの棚の下の引き出しにありますよ」
店員が、その引き出しを開けてみると、在庫が何冊かあった。
客は、その常連客に「ありがとう」と言ったのはもちろんです。

たいていの書店員は、休日に他の書店を巡る方が多いそうです。
本棚を見ていないと落ち着かないそうで、黙って書棚の整理をしている、
立ち読み客が散乱させた雑誌をきちんと揃えて棚に置き、本の帯を整える。
それを無意識のうちにしてしまっているそうです。

私は書店員ではありませんが、曲った平積みをみると、
つい直してしまう事があります。
これを自分なりに、曲った事が嫌いな性格だと解釈しております。

阿部勘第二弾!
華やかな香り、アッサリ感!
亀の尾とはまた違う美味しさです。

宮城県 阿部勘酒造店 純米吟醸 ひより
精米歩合55%  アルコール分15度 原料米ひより100%
1.8リットル  3、465円(税込)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)