>自動翻訳機能について

札幌市西区琴似の居酒屋DODO屋(どどや)

 

北海道の旅も何度目になるのだろうか。
数々の想い出は重なるが、旅の良し悪しの最たるものは、
料理の当たり外れだろう。

以前、北海道ツアーで参加した時は、最悪であった。
バスの乗客全員で、「シンギスカン料理だ」と喜んだはいいが、
「まっずい」の共通認識で、終始一貫していた。
それだけ、参加費用も安いのだから文句も言えないが、
安かろう悪かろうも限度がある。

しかし、今回の北海道は天気こそ背を向けたが、
食には贅沢なほど喜ばせてもらった。
室蘭のカレーラーメンに始まり、函館の「ウニ」これが「たまらない」
旨いの一言では片付けられない、感動が備わっている。
アスパラなんぞは、生で塩つけてそれだけで歓喜の舞である。

そして、本日紹介したいのが札幌市西区琴似の居酒屋DODO屋(どどや)。
琴似駅から、1分とはいい過ぎだろうか、それほど近い。
店内は、いたってシンプルな、ちょっと小奇麗な居酒屋と言った感じ。
何といっても、朝5時まで営業してるのだから何時でもOKだ。

和食を中心とした、地元の食材が味わえる。
観光本にはのらない、地元中の地元の店。味は絶対に外さない。

何よりもいいのが店主の「荒川ちゃん」の笑顔。
高感度アップ。女性が行っても、全く違和感はない。
これには、酒の量も、無条件に上がってしまう。

さて、店に入ったらまずビールかな。
輸入ビールやワインまで種類豊富に取り揃えているので、好みで注文。
日本酒は「その日の地酒」が書かれている。勿論「千歳鶴」もどうぞ。

酒の肴は、旬の料理を「荒川ちゃん」に聞くのもいいだろう。
丁寧に説明してくれるから、気軽に声を掛けてもらいたい。
北海道だからオホーツク産「毛蟹」で一杯もいいかもしれない。
そうだ、忘れちゃいけないのが焼き餃子。
羽根付き焼き餃子。これが旨いんだ。

書き出したら、切りなく書けるのが始末に悪い。
北海道旅行で札幌まで行ったら、「琴似駅」まで足を延ばして欲しい。
そして、居酒屋DODO屋(どどや)で荒川ちゃんと友達になれれば、
「札幌に知り合いの店があるんだ」って、自慢できるかも…。

〒063-0812 札幌市西区琴似2条1丁目3-1-15
[電話] 011-688-5474
[営業] 月~土曜18:00~翌5:00(ラストオーダー 4:00)
    日曜18:00~翌1:00(ラストオーダー 0:00)
[定休日] 不定休


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)