>自動翻訳機能について

cicala(チカーラ)

 

ど~も ど~も 小田和正氏のツアーから。

懐かしい1977年の「秋の気配」をギター2本で演奏。
当時としてはE♭dim→C♯m7♭5と意外と難しいコードを使用していました。

そして、オフコースメンバーが5人になったThree and Twoより、「思いのままに」「愛をとめないで」の2曲。
ふと思いだした、Three and Twoからの名曲を紹介しましょう。

多くのあやまちを 僕もしたように
愛するこの国も 戻れないもう戻れない
あの人がそのたびに 許してきたように
ぼくは この国の明日をまた思う
生まれくる子どもたちのために何を語ろう 何を語ろう
「生まれ来る子どもたちのために」  作詞・作曲 / 小田和正

1979年の発表です。
当時は小田氏自身も「地味な曲だけど、僕自身のテーマであり、今の日本はどうなっていくのか、危惧しています」と語っています。
最近では、佐藤竹善がカバーしています。
ちなみに、コード展開は。
Gm7/C   F   Dm  Am7   Dm7  B♭M7   Am7   B♭M7  C7/B♭ Am7 D7  Gm7 Gm7/C
一度つま弾いて下さい。

発表から約30余年、いじめ・原発と様々な問題が悪化しています。

50年先には、私はこの世に存在しておりません。
しかし、「生まれて来るこどもたちのために」は、おそらく何度も歌われ、その精神は引き継がれてゆくと思います。

話しは変わりますが、7月29日の国会議事堂を取り囲んだ、「反原発デモ」。
主催者側は参加20万人、警視庁発表は1万2千人と16倍以上の開きが、
新年の明治神宮参拝者人数の計測で、馴れているはずなのに?

さて、秋はボルチーノ、春はクアドロフイリオ、そして夏シリーズ。
チカーラとはイタリア語で「セミ」
ラベルが神奈川県の泉橋酒造のヤゴシリーズに似て、ユニークですね。
香りも抑え気味に、スッキリ!
暑い夏にピッタリ!

純米吟醸生酒です。
福岡県 井上合名会社 三井の寿 夏純吟[チカーラ] 720ml 1、300円
精米歩合60% アルコール度数15度 原料米 夢一献 100%


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)