>自動翻訳機能について

蔵元・寺田啓佐さんに哀悼の意を

 

300年続く老舗の造り酒屋、寺田本家23代目当主である、蔵元・寺田啓佐さんが、2012年4月18日、ご逝去されました。

寺田さんとの出会いは、銘酒「五人娘」とのつながりから始まります。

「自然な原料」「自然な水」「自然な環境」で酒造りをし、麹菌、酵母菌、乳酸菌などの微生物を自然環境の中から取り込む、その為に蔵内や醸造上の敷地内に多量の炭を敷き詰め、場を高め整えながら昔のような自然な環境を復元しています。その蔵で造られた「五人娘」は、濃醇で酒本来のコクと味を楽しめます。

こんな文章を「月の明かり」の中に、書かせてもらった記憶があります。

そして、映画「降りてゆく生き方」の中でも酒蔵がモデルとして登場しています。

「醗酵道」を追求して、求め続けた結果は多くの人たちに「酒」の概念を変えさせたのではないでしょうか。

改めて、哀悼の意を表すると共にご冥福を心からお祈りします。「しかし、おしい人を亡くした」。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)