>自動翻訳機能について

石川県松浦酒造「獅子の里」中取り純米吟醸

 

瓶のラベルに「酒を食べてゐる」と、何とも不可思議な言葉が書かれている。

「この酒うまいぞ」と薦められて飲んではみたのだが…。

何と言えばいいのだろうか、マズくはない。でも、特別旨くもない。

そう、この酒。「食べてもらいたい」。

分かるようで、分からない説明なのだが、食中酒には実にマッチする。つまり、食事中に飲むには、いける味だ。

人と会話をしながら、肴を運び、お燗を付けた「獅子の里」で、差しつ差されつしながら飲むと、知らず知らずに杯を重ねている。

生酒が苦手な方には、これ、いけると思う。

所が、この酒。生酒の中取りなのだが全然そんな味はしない。

何とも不思議な酒だ。

吟醸香 ★★★☆☆
旨 味 ★★★☆☆
値 段 ★★★☆☆

お値段は、720ミリリットル1、600円。本日は、少々辛口の評価となった

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)