>自動翻訳機能について

農口尚彦研究所 (作家の顔)

 

181221

作家の顔写真を新聞・雑誌等でよく見かけます。必ず斜めに構え、女性は胸を張り若干背をそらせます。似たようなポーズなので、作品の内容に伴わない表情から読み進める内に、顔がチラツキ邪魔になってきます。どんな人が書いているのか、変な想像力を膨らますので、あまり嬉しく感じたことはありません。

山廃吟醸との違いはラベルの色と、瓶の形。農口研究所の中では一番味わい深いとされています。ちょっとイタズラ気分で!もう1本購入した“本醸造無濾過原酒”をブレンド。「燗」で楽しみました。重厚な美味しさが冴え、美味しさは格段とアップ!純米の方が「燗酒」向きですね。

農口さんのお顔は承知しております。その誠実そうなお顔立ちは味わいと一致して、大変喜ばしいことです。

石川県 (株)農口尚彦研究所 山廃純米酒 無濾過生原酒
アルコール分18度  精米歩合65%
720ml 2、000円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)