>自動翻訳機能について

玉乃光 純米大吟醸 酒鵬(夫婦の問題)

 

夫婦は年を重ねても不愉快や我慢がつきまとう。
男性は嫌な事や伴侶と喧嘩した事は忘れてしまうが、女性はバームクーヘン
の層のように、積み重ねながら時を過ごし決して忘れないと聞きます。

それがある時沸点に達した時、一気に噴出する訳です。
男性からすると“天災”に会ったようなもんです。
防ぎようがありません。

今更、そんな昔話持ち出さなくてもいいだろう!
と、慌てふためき、火事は静まらず広がってゆきます。

せめて、新婚時代に楽しい思い出を残して、憶えておくことが夫婦円満の
秘訣ではないでしょうか。

最近“モラハラ”なる言葉が流行っています。
長年連れ添った年の差夫婦が突然破局を迎える。
他人事ではありません、次にその火の粉が降ってくるのは—-。

創業1673年、京都の老舗が米本来の美味しさを追及して醸した純米大吟醸。
香りは今風の果実香は際立っていません、堅実な味わいが楽しめる食中酒。
余計な細工は無し!これは長く飲み続けることのできる銘酒です。
夫婦も長く続けられれば味わいが出てきます。

京都市 玉乃光酒造(株) 玉乃光 純米大吟醸「酒鵬」
精米歩合50% アルコール分15度
1.8L   2、466円(税別)


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)