>自動翻訳機能について

広島ブランドショップ タウ

 

昨年の7月16日にオープンした、広島のアンテナショップ「TAU」に来ています。
中央区 銀座 1-6-10 上一ビル B1階~3階 
「おいしい山形プラザ」の並び、喫茶店ルノアールの隣てす。

B1F瀬戸内ダイニング。
遠音近音 Ochi Kochi(をちこち)
11;30~15;00 鯛そうめん・地魚膳等が揃っています。
1F TAUショッピング。
2Fは広島のお好み焼「三匠」 11;00~22;00

小さな頃は神戸に住んでおり、
近くにはおばあちゃん一人で営む駄菓子屋がありました。
大きな鉄板があり、1枚を友達数人で分けて食べた記憶があります。

当時1枚5円でした。豚肉が入ると50円、この豚肉入りは子供にとっては
手が届かず、一度も食べる事は叶いませんでした。

銭湯に行くと番台に5円10円とお釣りがすぐ出せるように、
縦に積んで置いてまして、その10円玉の色が輝いて綺麗に見えたもんです。
あれがあれば豚肉入りのお好み焼きが食べられる!と何度見つめていた事か!

そんな体験をしているから、この贅沢な具がタップリ詰まったお好み焼きが
食べられるなんて!自分なりに誇らしいものがあります。
しかし食べ終わって感じますに、
イカ天とソバを除くと50円とは言わないが、
300円ぐらいで売れるコストだな~、
と考えてしまう自分を反省してしまいます。

スタンダード(肉・玉子・イカ天・ソバ) 920円。

さて、NHKで放送した「甘くてやわらか、名水の味~広島」西条の日本酒。
ご覧になりましたか。
灘の男酒に対して、女酒と言われてきた広島の酒。
特徴はやわらかくて膨らみがある甘口、龍王山からの軟水が中硬水と変化し、
その水を井戸にて汲み上げ生活に役だっています。
さらにお酒を低温発酵させることが美味しさの秘訣となりました。
2Fの広島酒工房 「翠」 10;30~20;00 で銘酒を探しました。

東広島市では8蔵ほどあり、県内では53もの蔵があるそうです。
いや~多すぎて飲みきれません。本日は2本を大人買いです。
何が大人買いだ情けないな~、と思われますでしょうが、
1階でかきめしの素・生もみじまんじゅう他を購入して、
さらに高いお好み焼きを食べてしまいましたので本日は大出血です。
お酒には何の躊躇もなく高い金額を出せるんですが、
その他にはどうも遠慮してしまいがちです。
次回はB1の「鯛そうめん」を食べたいな~、その時は又ご紹介いたしましょう。

左)西條鶴 特製ゴールド 吟醸 西條鶴醸造(株)
精米歩合60% アルコール分15度以上16度未満
モンドセレクション金賞12年連続受賞
720ml 1,500円(税別)

右) 富久長 純米 八反草 (株)今田酒造本店
精米歩合75% アルコール分 16度以上16.9以下
720ml 1、300円(税別)

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)