>自動翻訳機能について

創業160周年記念酒 純米大吟醸 亀の尾仕込み(高浜虚子と夏目漱石-2)

 

夏目漱石は留学中に極度の神経衰弱になった事は有名です。
帰国後も家族を悩ませました。
妻の鏡子は虚子に、暇があったら漱石を表に連れだして気分転換を
計って欲しいと頼みました。

虚子はある時、漱石に文章でも書いてみたら気が晴れると思って進めました。
しばらくすると、非常に長い文章ができており、
漱石の機嫌が良く、ぜひこれを読んでくれと言う。
言われるままに読んでみるとなかなかおもしろい。

まだタイトルがついてませんでした。
漱石は「猫伝」にしようかという案を出しましたが、
「吾輩は猫である」に決まりした。

明治38年1月「ホトトギス」に掲載。
大変な反響を呼び、
漱石は好評に気を好くして、その後1年8ケ月も書き続けました。

作品中に俳句劇が出てきて、女が行水をしている。
その上に枝があって、カラスが止まっている。
そこへコウモリ傘を持って高浜虚子が登場。

この情景を詠んで「行水の女に惚れる鳥かな」という場面があり。
この句は、虚子の句集の中にあり、漱石がイタズラしたんだと、後に語っています。

引き続き文豪のエピソードですから、それに見合った銘酒のご紹介です。
ラベルのデザインが斬新で日本酒とは思えません。
新政酒造は、嘉永五年(1852)初代 佐藤卯兵衛によって創業されました。
秋田県  新政酒造㈱ 純米大吟醸 亀の尾仕込み
精米歩合40% アルコール分16度  720m? 3、334円(税別)
秋田産亀の尾100%使用

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)