>自動翻訳機能について

こんな酒飲みにゃ、なりたくない。

 

以前に、知人と数名で飲み会に行った。

ちょっとした打ち上げで、知らないメンバーも混じっていたのだが、一人ワイン好きな奴がいると聞いて「いいワイン飲ませてよ」と気軽に声を掛けてしまった。相手もニコッと笑顔で挨拶交わしたのである。

しかし、これが運の尽きだった。

結構いい店で、コース料理かなんか出てきて、それじゃワインでも頼もうかと話はトントン拍子。当然の顔して、その一人が声を発した。

「どこどこの××ある」と言うじゃないか。何だか、わかんねえ名前を並べる訳だ。店の人も「メニューを指さし」ここに書いてあるワインが、と言ってるのに「ペケペケのポコポコは?」って聞くわけだ。

あたしは、カチンと来て「メニュースの中から選んだら」と優しく言うてやったのさ。

ムッとした顔をされたが、そんな事は関係ない。こちらは飲みたくて仕方がないんだ。事と次第によっちゃ、頭ひっぱたいてやろうかとも思ったが、それは大人の世界、ぐっと堪えてワインの到着を待った。

テエイスティングだとかで、その奴が最初にウンと言わないとワインが来ないじゃないか。「てめ~。夜道は気をつけろよ」と心の中で呪い続けてやった。

やっとワインが注がれて、それでは乾杯。と飲もうとした途端、ストップがかかった。

すぐに飲むと不味いと言うのだ。「ななな何!」あたしゃ、犬じゃないんだ「おあずけ」と言われて待ってられっか。

中には、「ふ~ん。そんな物なの」と感心する女まで出やがって、「おい、そこの女」と言いたかったが美人だったので、グッと堪えたのは、やはり大人の対応だろうか。

しばらくお預けくらって「グイっ」と飲んだら、どこが美味いか全く分からない。ところがどうだ、そのワイン野郎は、酸味がどうのとか、何だか分からない言葉を立て続けに語りやがって、「あ~胸くそ悪い」。

あたしはワインなんてうっちゃって、小瓶の300㏄の日本酒をガンガン飲んでやったのだ。

さて、会計の段になって驚いた。

ワイン野郎が注文したワインが、1本8000円も9000円もするじゃないか。

「あのワイン野郎に払わせろ」と声を上げそうになった時、幹事の奴にとんでもない事を言われた。

「日本酒結構飲んでましたからね」と、会計の値段が高いのは、あたしのせいとばかりに言いやがった。

「ゲゲッ何、この会計が高いのは、あちきの責任?」

「クククッ」っと込み上げる怒りを胸に押さえて、ズタズタにされた心をいたわりながら帰路についたのだ。

しかし、何である。

「知ったかぶり」とは、鼻につくものである。あたしも気をつけないと…。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)