>自動翻訳機能について

期待の小田原散策紀行・第2弾「OHASI」

 

お待たせしました。期待の小田原散策紀行「第2弾」であります。

そしてその第2弾は夜の部であります。と申しましても、夜の部は食事の部ですので…。

さて、今回小田原で見つけた「その1店」は、OHASIです。「おはし」と読むんですね。何とも可愛い店名。

小田原駅東口に出て、中央通りを歩いて左側。数分で着きます。

この店「OHASI」何がいいかと言えば、日本酒の揃いがいい。

数多くあるわけではないのですが、ただ新潟県渡辺酒造「根知男山」(ねちおとこやま)があるなだなて実に粋じゃありませんか。

それ以外にも、山口県旭酒造「獺祭」(だっさい)や、山形県「楯野川」福島県「大七」と書けば、店の雰囲気はつかめるでしょう。

それに、グラスで注文が出来るのです。「獺祭」もグラスで399円。これって酒飲みには最高なんですね。何杯も色んな種類を飲めるのですから「こりゃたまらない」。

料理も、なかなかいける肴が並んでいます。

その中で抜群に旨かったのが、「マグロの赤身」おすすめで「採算抜きです」と言われたマグロの刺身は最高に旨い。

そして、この店「OHASI」で、どうしても食べてもらいたいのが「白米」つまり「ご飯」なのです。

ご飯だけ注文できますから、どうぞ食べて見てください。セイロに中に、真っ白なご飯が熱々の湯気と一緒に姿を現します。

その飯「旨い」。

理屈抜きに「この白米は必ず食べて」と、声高に叫んでしまいます。

そんな事書いていたら、白米が食べたくなりました。

それでは、これから朝食にします。では、また…

0

コメント一覧

  1. うーさん より:

    OHASI「おはし」ですね。覚えておきます。

    いつも安い「おわし」しか払わず飲んだり喰ったりしていますので

    たまには「おわし」を気にせず「おはし」見たいなお店に行きます。

    0
  2. 月の明かり より:

    うーさんへ。月の明かりです。

    こりゃまた結構な受け応えで、韻を踏んでの書き込み最高です。

    一本取られた感がしますね。

    ありがとうございました。

    0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)