>自動翻訳機能について

「蔵元とのつどい」その続き。

 

酒米「渡船」は、酒米の王者「山田錦」の父親品種になります。

昭和初期まで関東でも広く作られ、大粒・軟質のため酒米としても大変珍重されたそうです。

しかも雄町の兄弟品種といわれるほどのすごいお米。

一時は絶滅品種といわれてきました。

平成元年から苦労を重ね、平成8年全国で初めて渡船で醸した大吟醸を、全国新酒鑑評会に出品。

見事に金賞を受賞されました。

そんな府中誉さんは、銘柄が「渡船」「太平海」「府中誉」の3種類です。

今回は「太平海」の袋しぼり本醸(生)と特別純米(生詰)の2種類試飲しました。

特別純米は、ぬる燗で頂き、幸せいっぱい。

「太平海・袋しぼり本醸」 1800ml 2.415円

この銘柄は地元レベルで、一般的にはあまり出荷されてないそうです。


この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)