>自動翻訳機能について

頑張れ「舞姫酒造」その2

 

実は、舞姫酒造さんに何とか頑張ってもらいたくて、「頑張れ」メールを送信しました。すると、どうでしょ。舞姫酒造さんは、私に返信をくれたのです。きっと、会社の中も大変なのに、それなのにご丁寧な返事を送っていただいたのです。

何て素敵な会社なのでしょう。心から「頑張れ」って応援したいと思っています。

舞姫酒造さんからの返信メールは、私へのメールですから、ネット上で全文アップする事は出来ませんが、その対応の優しさが酒造りの優しさに繋がるものです。

返信いただいた言葉の中に「全社挙げて、いままでにまして、より良い酒造り・製品を造り事業を継続し、舞姫酒造としての今までの伝統と文化を残し、弊社再生に向けて全力を尽くす覚悟でございます。」と書かれていました。

何よりも、会社が頑張るだけでなく。私たち愛飲家が頑張らないと…。

「飲もう翠露」「頑張れ舞姫」

0

コメント一覧

  1. ちょうちんの明かり より:

    お久しぶりです。
    舞姫酒造のお話には驚き、また愕然としました。
    わたしにとっても、「翠露」はたいへん思い入れのあるお酒。
    味わいが、霧ヶ峰から諏訪湖に伝う山々からしみ出る清水を
    彷彿させるまさに名前にぴったりのお酒だと思います。
    頑張っていただきたいです。
    今週末は「翠露」いただかせてもらいます。

    0
  2. 月の明かり より:

    ちょうちんの明かりさん。月の明かりです。

    やはり、驚かれましたでしょ。
    私が懇意にしている酒屋さんで「舞姫がさ…。」と話すと「えー!」と、びっくりしてました。「先月逢ったのに」そんな会話です。ただ、「今後酒蔵はつぶれるよ」と悲しげに酒屋さんが語っていました。

    やはり、日本酒の需要が落ちてるんですって。

    若い人が、日本酒飲まないですよね。
    それに飲み屋さんも、日本酒の勉強をあまりしないし、いい日本酒が置いていないもの。これじゃ、酒蔵は潰れますよね。

    だからこそ、私たち日本酒愛飲家が、頑張りましょうよ。
    今週末は「翠露」ですか、私も、ご相伴にあずかろうかな。

    0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)