>自動翻訳機能について

ひやおろし

 

酒で楽しい話は沢山あるのですが、「ひやおろし」について一言書かせていただきます。

冬から春に仕上がったお酒は、夏の間、蔵の中で静かに秋の訪れを待っています。生詰めの醍醐味を秋の夜長に味わいたいのが、季節限定「ひやおろし」です。
それがこの頃、今の時期でも「ひやおろし」を出す店があるんですね。そんな理由で、季節限定と言いながら、今この時期に書いてみました。

搾りたてを熱処理せず瓶詰する本生酒とは違って、一度熱処理して蔵の中で、熟成させます。
香りも米の旨味も若干物足りなさを私は感じるのですが、逆に本生酒のきつさが苦手な方には、半年間熟成させた落ち着きと、やわらかさを「ひやおろし」に感じるはずです。

脂ののった刺身と煮付けた魚料理には、実によく似合うものです。
焼き魚なんかも、いいですね。今の時期でしたら、ブリカマの塩焼きで一杯やると「たまりません」。

お酒の味がよく分からない、という人には「ひやおろし」から入ると、生のお酒がなぜ旨いのか理解できると思います。

そんな秋の限定品。ちょっと生意気に「ひやおろし」ある?と、居酒屋のカウンターで注文してごらんなさい。
酒好きな店主が「ニコッ」と笑って酒を注いでくれますよ。

0

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)